天色グラフィティ

技術ちっくなことを書きます

僕のTwitterがまさかのレイバンったので、抹消するスクリプトを書いた

ついに先日僕もTwitter乗っ取られデビューしました。お恥ずかしい限りです。 リプライが飛んでしまった方々、すみませんでした。

レイバン本体には罪はなく、スパムやってるヤツが悪いのは間違いないのですが、レイバンはもはやスパムという印象しかないですね……

さて、Twitter乗っ取りはいくつか種類があり、主要なパターンとしてはパスワード流出や連携アプリなどがあるようです。レイバンは前者らしいですね。 僕も慌ててパスワード変更しました。他のサービスと共通ではないので、どこから流出したのか気になるところです。

パスワードを変更した後に残されたのはフォロワーの皆様に送りつけた70件あまりのツイートでした。 手動でぽちぽち消すのはさすがに気が滅入るので、退屈なことは全てpythonに任せようの方針でスクリプトを書いてなんとかすることにしました。

そんで書いたスクリプトがこちら。

外部ライブラリとしてはtweepyを利用しています。 レイバンスパムは短縮リンクを展開して判定しようかとも考えましたが、面倒だったので大量にリプライを付けていたらスパムということにしました。(短縮リンクの展開はrequestsを使えばできると思います)

使いたい方は Twitter Application Management で自作アプリを登録し、APIキー・APIシークレット・アクセストークンなどを発行してお使いください。

これさえあれば何回レイバンっても大丈夫!

レイバンった人はあらゆるWebサービスのパスワードなどを見直しましょう。